<< 金曜日〜日曜日、横浜の赤レンガ倉庫で31会の展示会におります | main | TVキャビネットをデザインしてみました >>
2018.08.06 Monday

二子玉川の丘の上の家 エントランス、ウッドドアの玄関、アプローチのガーデニング

0

    二子玉川の丘の上に新たな家を設計させていただきました。

     

    世田谷区の緑化やセットバックの緩和を利用して、

    前庭からのアプローチを、設計の中に計画いたしました。

     

    住宅地の角地のちょうど角のあたりに玄関がきますが、歩行者から丸見えにならないようにするとともに

    道路から玄関までの奥行き感を演出しております。

     

    機能的にも、

    車庫前の車寄せや自転車置き場から、玄関への動線もこのガーデンの中を抜けていくことができるようにも

    考えてみました

     

     

     

    デザインハウス エントランス

     

     

     

     

     

    道路からエントランスを見てみます。

    大きな敷石の上をわたり、大きく張り出した軒の下に広がるエントランス前のスペースへ。

     

    デザインハウス エントランス 建築家

     

     

     

    さて、その先にある玄関ドア、

    東京都の住宅地のほとんどや、そのほかの都市部の住宅地では

    延焼を防ぐための建築の法規で燃えにくい素材で作らなければいけないという規制があります。

     

    そのために、どうしてもメーカーの既製品のドアを採用されることがほとんどになっております!

    しかし、

    今回のように、工夫と設計の方法によっては

    「木製の扉」を選択することも可能になります!せっかくの思いのこもった「我が家」の顔です。

    妥協せず、

    トライしてもらえると嬉しいです。

     

     

     

     

    「木製の玄関ドア(wood door)」

     

    玄関ドアには、オーダーの木製ドアをしつらえました。

    巾90cmの堂々としたサイズにすることで、ゆったりしたエントランスを演出しています。

     

    どうしても雨や太陽の陽により影響を受けやすい木製ドアですが、

    今回は、

    大きな庇と、玄関前に壁を設けることで最低限のメンテナンスにおさえています。

     

    ウッドドア 玄関ドア

     

     

     

     

     

     

     

     

    「堀商店(HORI)のハンドル」

     

    日本が誇る老舗の金物のメーカーであるHORIのハンドル

    真鍮や黄銅や青銅などを活かした

    本物の素材と職人の手によるハンドルは手になじみ、使うほどに味がでてきます。

     

     

     

     

     

     

    家を考える時、

    もちろん、みんなが多くの時間を過ごすキッチンやリビングも大切ですが、

     

    しかし、

    自分たちの我が家を考える時、エントランスや玄関をイメージして「素材やパーツ」選びを楽しんでいただければと思います。

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM